葉酸普及研究会

葉酸について

トップ > 葉酸について

葉酸について

葉酸とその役割

赤ちゃんのビタミン
葉酸は赤ちゃんの順調な発育と、二分脊椎の防止にとても大切です。
葉酸は水溶性のビタミンB群の1つです。細胞の分裂と増殖、組織と臓器の形成、巨赤芽球性貧血(きょせきがきゅうせいひんけつ)・胎盤早期剥離(たいばんそうきはくり)・流産の防止などの働きをしています。胎児が大きく成長する時には、特にその需要が高まることから「赤ちゃんのビタミン」と呼ばれます。
葉酸の生体利用効率、ハイリスク群の女性

自然食品中の葉酸(これをプテロイルポリグルタミン酸と呼びます)は、消化吸収されて、全体の50%が利用されます。一方、化学合成された葉酸サプリメント(これをプテロイルモノグルタミン酸と呼びます)の生体利用効率は、85%と高率です。
厚生労働省は2000年に神経管閉鎖障害を予防するために、葉酸サプリメンを1日400マイクログラム(=0.4mg)内服するよう推奨しました。2015年には国民の健康増進と生活習慣病予防のため、妊婦は食事から葉酸480マイクログラムを摂取するよう推奨しました(日本人の食事摂取基準、2015年版)。

過去に二分脊椎の赤ちゃんを妊娠した女性、抗てんかん薬を内服中の女性、3親等内に二分脊椎患者がいる女性は、ハイリスク群に属する女性です(二分脊椎の赤ちゃんを再度妊娠する可能性が高い)。これら女性は主治医から処方箋を貰って、薬局で葉酸(フォリアミン、5mg錠)を購入し、妊娠前4週から妊娠12週まで1日1錠内服してください。
葉酸サプリメントの食品添加
化学合成された葉酸が、幾つかの食品、飲料水、菓子などに添加されています。店舗等で確認してください (例:シリアル、ビスケット、スナック菓子、ジュース、ミルク、葉酸添加米など)。
葉酸サプリメントの安全性
葉酸の副作用として最も心配な点は、ガンの発生に関するものです2007年にColeらが葉酸サプリメント1日1mgを3年以上にわたり投与しました。(JAMA 2007)。その結果、ごく一部の患者でポリープの悪性化を来すかもしれないと報告しました。しかしその後のメタアナリシス(論文の発表内容から事実を確認する手法)によりこの関連性は否定されています。葉酸サプリメントの危険性は皆無であり、神経管閉鎖障害、胎盤早期剥離、流産、貧血の防止に有効なことは明白な事実です。ただし1日1000マイクログラム以上は内服しないよう注意してください。ただし、ハイリスク群の女性は例外です。
ページトップへ